税金(自動車取得税・自動車重量税)


メルセデス・ベンツなど、中古車の購入後に関わってくる主な税金として、自動車税、環境性能割、自動車重量税の3つが挙げられます。ご不明な点はスタッフにお問合せください。販売経験豊かなスタッフが説明いたしますのでご安心ください。

自動車税

自動車税種別割・軽自動車税種別割(以下、自動車税)とは、毎年の4月1日に、ナンバープレートの付いた車の所有者にかかる都道府県税です。
総排気量自家用乗用車(登録時期により税率が変動)事業用
2019年9月以前2019年10月以降
1L以下29,50025,0007,500
~1.5L以下34,50030,5008,500
~2.0L以下39,50036,0009,500
~2.5L以下45,00043,50013,800
~3.0L以下51,00050,00015,700
~3.5L以下58,00057,00017,900
~4.0L以下66,50065,50020,500
~4.5L以下76,50075,50023,600
~6.0L以下88,00087,00027,200
6.0L超111,000110,00040,700

環境性能割

「自動車税環境性能割(以下、環境性能割)」とは、車の取得に対し課税される都道府県税のことです。税収入は道路の損傷、交通事故、公害、騒音等の様々な対策費用に充てられます。

購入した自動車の環境性能が高いほど、前身の「自動車取得税・エコカー減税」よりも税率が軽減されるケースが多いです。「自動車税環境性能割」は購入した自動車の燃費基準達成度合いにより0%~3%ほどの税率となります。また「軽自動車税環境性能割」では0%~2%ほどとなります。
※ 燃費基準は年度により変動する場合がございます。

自動車重量税

自動車重量税とは車両の重量に対し課税される国税です。車検有効期間の年数分を先払いすることになっており、車検の際に支払うケースが一般的です。

自家用乗用車は500kg単位で区切られており、自動車重量が 900kg の場合は~1,000kg以下として扱われます。こちらの表では自家用車(3・5ナンバー)を紹介しており、軽自動車や1・8ナンバーは別の税額となります。

また自動車重量税には「エコカー減税」があり、購入した自動車の動力種別や燃費基準達成度合いにより、減税の対象可否が決まります。なおこの減税制度は2026年4月までの適用が確定しておりますが、2024年度以降は燃費基準に変動がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

自家用乗用車(定員10人以下)の重量税金額

車両重量エコカー
(本則税率)
エコカー以外
13年未満13年経過18年経過
~500kg以下5,0008,20011,40012,600
~1,000kg以下10,00016,40022,80025,200
~1,500kg以下15,00024,60034,20037,800
~2,000kg以下20,00032,80045,60050,400
~2,500kg以下25,00041,00057,00063,000
~3,000kg以下30,00049,20068,40075,600

ご不明点があればご連絡ください! お電話でのご質問はこちらから!

ここをタップして通話!
[load_BtnTel2PopupUI]