税金(自動車取得税・自動車重量税)

メルセデス・ベンツなど、お車を購入する際に関わってくる主な税金には、自動車取得税、自動車税、自動車重量税の3つが挙げられます。ご不明な点はスタッフにお問合せください。販売経験豊かなスタッフが、分かりやすく説明いたしますのでご安心ください。

自動車税

自動車税とは、毎年の4月1日に、運輸支局に登録されている車の所有者にかかる都道府県税です。
車種分類自家用 税金
乗用車1リットル以下29,500円
1リットル超1.5リットル以下34,500円
1.5リットル超2リットル以下39,500円
2リットル超2.5リットル以下45,000円
2.5リットル超3リットル以下51,000円
3リットル超3.5リットル以下58,000円
3.5リットル超4リットル以下66,500円
4リットル超4.5リットル以下76,500円
4.5リットル超6リットル以下88,000円
6リットル超111,000円
貨客兼用車1t以下1リットル以下13,200円
1リットル超1.5リットル以下14,300円
1.5リットル超16,000円
1t超1リットル以下16,700円
2t以下1リットル超1.5リットル以下17,800円
1.5リットル超19,500円
2t超3t以下1リットル以下21,200円
1リットル超1.5リットル以下22,300円
1.5リットル超24,000円
トラック1t以下8,000円
1t超2t以下11,500円
2t超3t以下16,000円
3t超4t以下20,500円
4t超5t以下25,500円

自動車取得税

自動車取得税とは、車の取得に対し課税される都道府県税のことです。取得に対する課税のため、基本的には購入時のみ納税します。 自動車取得税は目的税であり、税収入は道路の建設・補修の費用に充てられます。

自動車取得税の税率

自動車取得税は、普通自動車か軽自動車であるかで、税率が変わります。また電気自動車、ハイブリッド車などエコカー対象の場合は税率が優遇されます(エコカー減税)。 平成26年3月31日まで取得価額の5%に課税されていた自動車取得税ですが、消費税が8%に上がった平成26年4月1日より3%に変更されました。消費税が10%に上がる平成31年10月1日のタイミングで、この自動車取得税は廃止される予定となっています。なお、平成30年3月31日まで、取得価額が50万円以下の場合は課税されません。

自動車重量税

重量税は自動車の重量に対し、課税される国税です。車検有効期間の年数分を先払いすることになっており、新車購入時は3年分の自動車重量税を先に支払うことになります。 自動車重量税の税額重量税はその名の通り、車両の重さにかかる税金のことです。500kg単位で区切られているので、例えば重量が 900kg という自動車の場合、500kg以上~1,000kg未満になるので、2年間で 8,200円 × 2 = 16,400円を支払う必要があります。 この車両重量とは自動車の乾燥重量のことで、定員人数を乗せた場合の総重量を指し、車両総重量の重さではありません。500kg以上~1,000kg未満の自動車の場合は8,200円×3 = 24,600円を重量税として納める事になります。

自家用乗用車(定員10人以下)の重量税金額

車輌重量自家用 重量税金額
有効期限3年2年1年
0.5t以下12,300円8,200円4,100円
~1t24,600円16,400円8,200円
~1.5t36,900円24,600円12,300円
~2t49,200円32,800円16,400円
~2.5t61,500円41,000円20,500円
~3t73,800円49,200円24,600円

ご不明点があればご連絡ください! お電話でのご質問はこちらから!

ここをタップして通話!